株式会社メガケム - オンラインショップ 教育機器の設計・製作・輸入販売

燃料電池プロフェッショナル デモ 391E

407,000円(税込)

購入数
※下記写真の電圧・電流表示機及びランプは別売です。

この実験装置は太陽電池パネル、水電気分解装置パネル、PEM燃料電池セル(2個)パネル、負荷装置パネル(ファン、ランプ、各種抵抗)で構成され、組立式フレームに取り付けられています。付属の配線ケーブルを接続し、幅広い実験を行う事ができます。

太陽電池で発生した電気は、水電気分解装置で水素と酸素を生み出し、蓄えられた水素・酸素は燃料電池へ供給され、電動ファンや電球、電気抵抗負荷によって電気を発生します。燃料電池2セルを直列や並列に配線して燃料電池の特性を実験できます。
燃料電池の特性実験に限らず、太陽電池特性についても実験ができ、付属の実験要領書沿って容易に実験を進める事ができます。
運転には、別売りのビデオライト(A149)や電源(A145)、蒸留水が必要となります。(日本語版取扱説明書付属)


【別売りオプション】
電源(A145)、ビデオライト(A149)は、「その他補助部品」サイトでご購入ください。


【392E仕様】
水電気分解
 消費電力 :7W
 電圧   :1.4-1.8V
 最大電流 :4A
 水素発生量:約28mL/min最大
燃料電池
 電圧(直列時)  :約1.9VDC
 最大電流(並列時):約4A
 最大出力(並列時):約2.5W
太陽電池
 最大電圧:2.0VDC
 最大電流:1.2A
 電気出力:1.6W
負荷装置
 抵抗切替え:0.5/1/3/5/10/20/50/100/200Ω
 ファン電圧:0.2-3VDC
 ファン電流:10-15mA
 ランプ電圧:1.5VDC
 ランプ電流:80mA

付属品   :配線ケーブルとチューブ

寸法(組立完成時):約900Hx600Wx400D mm
※フレーム等は分解された状態で納品されます。
要領書に沿って組立て下さい。(組立工具入)