【T203】燃料電池実験キット チュートリアルプロ

燃料電池の特性を学習するために設計された実験キットです。

キットは太陽電池、電気分解セル、水素及び酸素貯蔵タンク、燃料電池セル、電気ファン、電気モータ付き自動車で構成され実験目的合わせてシステムを組立て実験を行います。 また、分解・組立てが出来る固体高分子型燃料電池(PEMFC Kit)が付属されており、燃料電池の内部構造を理解すると共に、水素と酸素(又は空気)を供給することで電気を発生します。

別売のLEDライト(A149)や電源(A145)等を利用して蒸留水を電気分解し、水素と酸素生成してください。 運転には、キットの他に別売りのLEDライト(A149)や電源(A145)、蒸留水が必要となります。 (日本語版取扱説明書付属)説明書付属)

 

【T203仕様】

寸 法:180H×400W×300Dmm

重 量:3.25Kg

許容操作圧力:0 - 20 mbar

  

太陽電池(A113)

有効面積:約60cm2

開放電圧:約2 V DC

動作電流:約350mA

 

水電気分解セル(E103)

水電気分解セル数:1

電極触媒面積  :3.6 cm2

操作媒体:蒸留水、σ < 2 μS/cm

許容動作電圧:0 - 2 V DC

許容動作電流:0 - 1.5 A

H2ガス定格発生量:約 5 mL/min

O2ガス定格発生量:約 2.5 mL/min

 

ガスタンク(A103)

H2側H2O容量:約40 mL

O2側H2O容量:約40 mL

H2ガス貯蓄容量:約30 mL

O2ガス貯蓄容量:約30 mL

 

燃料電池セル(F101)

燃料電池セル数:1

電極触媒面積:3.6 cm2

定格出力:約 500mW

許容電圧:0.45 - 0.96 VDC

許容圧力:0 - 20 mbar

 

燃料電池分解組立キット(F107)

燃料電池セル数:1

電極触媒面積:16 cm2

定格出力:約500mW (水素/酸素)

定格出力:約180mW (水素/空気)

許容圧力:0 - 20 mbar

 

ファン(A105)

許容動作電圧:0.18 - 6 VDC

作動電流:10 mA

定格消費電力:約 10mW

型番 T203
販売価格 165,000円(税込)
在庫数 残り6個です
購入数


About the owner

担当者:永野正美

責任者:嵯峨泰介

 

メガケムは全国の大学、高専、高等学校へ教育用実験装置の設計・製作・輸入販売を行っています。世界は様々な分野において発展を遂げてきましたが、私たちの地球環境は自らによって乱され限界に近づいている様に思えます。地球環境と共生する新しい技術を世界は求めています。

 

メガケムホームページへ移動

Top