株式会社メガケム - オンラインショップ 教育機器の設計・製作・輸入販売

燃料電池実験キット チュートリアルプロ T203

132,000円(税込)

購入数

燃料電池の特性を学習するために設計された実験キットです。

キットは太陽電池、電気分解セル、水素及び酸素貯蔵タンク、燃料電池セル、電気ファンで構成されており、スチールプレート上に配置(マグネット式)して実験を行います。

また電気モータ付き自動車に燃料電池及び水素タンクを搭載して、実際に自動車を走らせることができます。

 

分解・組立てが出来る固体高分子型燃料電池(PEMFC Kit)は、内部構造を理解すると共に、水素と酸素(又は空気)を供給することで電気を発生します。

 

別売のビデオライト(A149)や電源(A145)等を利用して蒸留水を電気分解し、水素と酸素生成してください。

運転には、キットの他に別売りのビデオライト(A149)や電源(A145)、蒸留水が必要となります。

(日本語版取扱説明書付属)

 

【T203仕様】

水電気分解セル(E103) :1.16W

水素発生量:約5cm3/min

酸素発生量:約2.5cm3/min

燃料電池セル出力(F103):水素/酸素 約500mW、水素/空気 約150mW

燃料電池分解組立キット(F107):水素/酸素 約500mW、水素/空気 約180mW

ガスタンク:水素30cm3、酸素30cm3

太陽電池:2.0V/600mA

ファン :10mW

付属品:実験プレート、分解組立キット用工具、配線ケーブルとチューブ、日本語版取扱説明書

収納ケース寸法:約130H×400W×300Dmm

重 量:3.6Kg